薄毛にはプロペシア|正しく使えば副作用は充分回避が可能

男性の薄毛に効果がある薬

栄養剤

男性型脱毛症になったときに、誰もが一度は試そうと思うのがプロペシアです。それほどプロペシアは薄毛治療で定番の薬です。男性型脱毛症になるのは、男性ホルモン・テストステロンや5αリダクターゼが原因です。この二つが結びついて、脱毛因子のジヒドロテストステロンが発生するからです。プロペシアには、こうした男性型脱毛症のメカニズムを破壊する効能があります。プロペシアはサプリメントではなく医薬品です。そのため、日本国内で手に入れるには処方箋が必要です。プロペシアには副作用のリスクもあります。よく起こりやすい副作用に、勃起不全や精力減退などがあります。副作用のリスクを回避するためにも、クリニックで医師に診てもらいながら飲むのがお勧めです。

プロペシアを摂取する方法には、錠剤を経口摂取するか、外用薬として頭皮に塗るかの二通りがあります。初めての人で副作用に不安があるなら、外用薬タイプがお勧めです。口から飲む錠剤タイプよりも、頭皮に塗る外用薬タイプのほうが効き目が穏やかです。しばらくプロペシア入りの外用薬を使用してみて、問題がないようなら経口薬も併用すると効果が倍増します。もう一つ、プロペシアを注射器で頭皮に注入するという方法もあります。AGAクリニックで受けられる、育毛メソセラピーと言われている治療です。ダイレクトに注入するので、外用薬を塗るよりも優れた効果と即効性があります。最近はレーザーで注入するノーニードルメソセラピーもあります。

頭を触る男性

ケチらなければ失敗はなし

植毛の失敗談はしばしば聞こえてきますが、主な原因は金額をケチったこと。植毛は確かな効果が得られるものの、相場は100万円と結構な額です。しかしこの額は安心料であり、確実な効果があるという証明にもなります。

頭

毛根を利用した発毛効果

自毛植毛は、毛根が死滅している場合でも発毛が期待できる治療法です。元気な毛根を採取して気になる部分に移植していく方法であれば、健康的な髪の毛が生えてくる可能性は高いです。ただし、医療技術の難易度は高いため、信頼できる病院を慎重に選んでいくことが求められます。

ドラッグ

サプリでヘアサイクル改善

育毛サプリメントは、抜け毛を防ぐ効果が期待できる有効成分を配合しています。毎日飲めば、髪が成長するために必要な栄養を補うことができます。サプリメントは効果が出るまで時間がかかるので、継続して飲み続ける必要があります。